身近な野鳥の楽しみ方

身近な野鳥の楽しみ方

最終更新日 2020-11-08

鳥って身近にはカラスとスズメくらいでしょ…

いやいや(笑) そんなことはありませんよ。
っていうかスズメとカラスも観察したら楽しいですよ!!


季節にもよりますが、特に野鳥が観察しやすい秋~春は川沿いを散策するだけで10~20種くらい見られることが多いです。

都市部の公園やコンクリートで護岸されたような川でも、探せばいるものです。


双眼鏡が無くても楽しめる!


野鳥観察というと、双眼鏡や大きなカメラを携えてカウンターで鳥の数をカチカチカチ…と。
嘘です。いやまぁ、ガチな人はそうですけれど。

どないやねん

野鳥の楽しみ方は様々!
どんなものがあるか見てみましょう


鳥を見つけるコツさえわかれば、野鳥観察は道具が無くても楽しめるものです。

どんな楽しみ方かというと…

  • 野鳥を見つける
  • 行動を観察する(繁殖、食事など)
  • 声を楽しむ
  • 羽を拾う

といった感じでしょうか。

もちろん道具があれば

  • 双眼鏡でじっくり観察してみる
  • 望遠鏡(スコープ)で遠くの鳥を観察する
  • カメラで撮影する
  • スケッチする
  • 行動記録をとる(フィールドノート)

などなど、楽しみ方はもっと広がります!

こんなに楽しめるの!?
でも難しそう…

それぞれの楽しみ方は別記事で公開予定です!
コツさえつかめば簡単なのでお楽しみに!

はやく~!娘が待ちくたびれる!